2005年05月28日

今週29日の「あるある発掘大辞典」は【肩こり特集】

今週の「あるある発掘大辞典」は【肩こり特集】
肩こりって、誰にでもある悩みですよね。
番組では、様々な「肩こり解消法」が紹介されるので必見です!
その前に、肩こりについてレクチャーしますね★
理解してから番組を見れば、「なるほど〜」と肩こり解消法のメカニズム(そんな大げさなものじゃない!?)が理解出来て納得できるのでは?

実は、レネも肩こりには悩まされています。
色々とアイテムを試したりしていますので、効果のあった肩こりグッズも合わせて紹介するので良かったら試してみてね!

肩こりとは?

日本人の3人に2人は悩まされていると言われている「肩こり」
国民病でもあるんですね。で、この「肩こり」と言うのは、肩が「重い」「だるい」「痛い」等の感覚を総称した呼び方を言います。肩こりは人間が直立歩行を始めた時からの宿命と言われている永遠の悩みとも言えます。
人間の頭の重さは体重の約8分の1で、 通常は背骨のS字カーブが頭の重みをうまく分散させていますが、長時間、悪い姿勢や無理な姿勢が続くと骨や筋肉に負担がかかって疲労してしまいます。これが肩こりになる原因なんですね。
つまり・・・
このコリの原因は、「筋肉の緊張によって起こる血行不良による痛み」なんです。


筋肉が緊張する原因とは?

筋肉が緊張する原因として大きく3つあると言われています。

ひとつは・・・
感情的ストレス
自分の感情から起こるストレスです。
具体的には、「怒り、悲しみ、ねたみ」など

ふたつめは・・・
化学的ストレス
生体に影響を及ぼす化学物質から起こるストレスです。
具体的には、「毒、ウイルス、細菌」など

みつめは・・・
物理的ストレス
肉体的限界を越えた外力によるものや姿勢、無意識的にしてしまう不自然な姿勢などによるもの。
具体的には、「ケガ、捻挫」など


つまりこの3つに気をつければ肩こりから解消されるわけですね!
でも、それが難しい。。。

そこで、肩こり解消アイテムを紹介します。レネが使って効果があったものです。



極大粒ゲルマニウム球ネックレス

今、話題のゲルマニウム(99,999)の効果を球錠に凝縮しています。
直接肌に接触するだけで、肩、腰、肘、膝に作用して、半永久的に マイナスイオンや遠赤外線を放出するそうです。効果は半永久的に持続するし、就寝時もそのままでOKってのが◎
これ、利きます!
磁気盤を貼り付けて寝るのが習慣だったのですが、翌朝、あまり効果が無かったのに、これをつけて寝るようにしたら、頭の重いだるさが抜けて目覚めスッキリ!
お値段はお高めですが、それだけの価値があります。


極大粒ゲルマニウム球ネックレス】


**********************************

ゲルマニウム温浴ボール

ネックレスが利くなら、お風呂でも!と思って購入した商品です。コロコロしたフォルムも可愛いし、手軽に自宅でゲルマニウム温泉浴が出来るのも嬉しい!
とにかく汗が出て血行が促進されているのを実感できます。
湯上りの爽快感が入れるのと入れないのとでは大きく違います。
タップリ汗をかくから、ダイエット効果もあり体重も1キロ減りました!


ゲルマニウム温浴ボール【美容・健康・ダイエット・生活雑貨】



**********************************

イオサンテ ゲルマニウムブレス

純度99.999%のゲルマニウム粒を使用し、細胞の活性化を目的としたゲルマニウムブレス。
デザインがクールなので、会社にもしていけるのが◎
時計をしている感覚で身につけています。ネックレスよりもお手軽に始めたい方にお勧め。
この商品、レネのファーストゲルマニウムです。


イオサンテ ゲルマニウムブレス【美容・健康・ダイエット・生活雑貨】



**********************************

低反発マットセミダブル

肩凝り(肩こり)腰痛の方には是非オススメってことで購入したアイテム。人間、人生の3分の1は寝ているそうだし、睡眠って大切だしね!
この素材は宇宙飛行士を重圧や衝撃から守るために、NASAが開発した技術をヒントにつくられた体圧力分散の新素材だそうです。体重と体温によりゆっくりと沈むので、体全体に負担がかからず、寝心地が本当にいいです。身体にフィットする感じ。


低反発マットセミダブル【悩み★ケア】




レネの使用したコスメなどの使用レポートもあります。レネのサイトはこちら!


クチコミ総合美容サイト★LoveHappy★
posted by lovehappy at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | あるある大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3963548

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。